CSR
CSRについて

 

CSRに対する考え方

当社のCSRは、様々なステークホルダーの皆様との良好な関係を基本として
経済的責任や、社会・環境への責任を果たしていくことであると認識しております。
事業活動を通して、企業市⺠の一員として社会の持続可能な発展に貢献していきます。
また、「コンプライアンスの推進」、「危機管理体制の強化」、「内部統制の徹底」
などを図り、企業価値の向上に努めております。

自然

コンプライアンスへの取り組み

1.コンプライアンスの徹底

法令及びその精神を遵守し、社会のルールに従って行動します。
適正な手続きによって意思決定を行い、業務を的確に遂行します。
公私を問わず、会社の名誉・信頼・権利を損なわない様、良識に従って行動します。
法令・社内ルール・企業倫理に反する行動があった場合は、速やかにこれを是正します。

2.公正・誠実な企業活動

関連法規を遵守し、すべての取引先・お客様と公正・透明な取引を行います。
契約に基づく義務は必ず果たし、当社の権利行使は正当に行います。
社外との対話活動を進め、会社に対する理解と信頼の獲得に努めます。
会社の立場と私的な個人の立場を峻別し、当社の事業活動に私的な問題・利害関係を持ちこみません。

3.適正な情報管理・公開

株主・取引先・お客様等に関する情報は、厳正に管理し、漏えいを防止します。
インサイダー取引及びその疑いを持たれるような行為は行いません。
業務に関する記録や報告は、事実に基づき正確に行い、適正に管理します。
社外からの情報の入手・利用にあたっては、関連法令・社内ルールを遵守し、適正にこれを行います。
会社の経営状況・事業活動内容に関する情報を、積極的かつ適時・適切に開示します。
個人情報・機密情報管理の重要性を認識し、正当な業務活動以外の理由で情報を社外に持ち出しません。

4.不当な差別の禁止

個人の尊厳・名誉・プライバシー等の人格を尊重します。
性別・年齢・出身地・国籍・人種・民族・信条・宗教・疾病・障害等による差別を行いません。

5.ハラスメントの禁止

いかなる形でもセクシャル・ハラスメント(性的嫌がらせ)、パワー・ハラスメント(職務上の立場を利用した嫌がらせ)を行いません。
同僚・上司・関係部署等に対して率直に意見が言える風通しのよい職場をつくります。

6.政治・行政等との健全な関係の保持

政治資金規正法・公職選挙法等の関係法令を遵守し、政治・行政との健全かつ適正な関係を保ちます。
贈答・接待は、節度を保ち良識ある社会儀礼の範囲とします。

7.資産の適正管理・活用

会社の資産(設備・備品・貸与品・金銭等)は適正に管理し、損傷・紛失の防止に努めます。
経費の使用・資産の活用に関しては、公私混同せずに透明性・効率性に配慮します。

8.環境の保全

資源の有効活用と環境負荷の低減に努めます。
廃棄物の発生抑制・再使用・再生利用を図ります。
環境法令を遵守し、環境に配慮した事業活動に努めます。

9.安全・衛生・保安の確保

労働安全・衛生及び保安の確保・維持に努めます。
安全第一を徹底し、公衆・作業従事者の安全及び設備の保安確保に努めます。
心と身体の健康が確保できるよう安全で働き易い職場環境をつくると共に、自己保健義務を怠らず健康を維持し職場の上司や同僚に迷惑をかけない様に努めます。
事故・災害が発生した場合には、原因の究明とともに、再発防止措置を徹底します。

10.反社会的勢力との関係の禁止

秩序・安全に脅威を与える反社会的勢力や活動に対して毅然とした態度で臨み、一切の関係を持ちません。

ページトップ